なぜ、料金に違いがあるのか

ファーブルは他店よりも多種類のカラー剤やパーマ剤を取り扱っています。

★多くの美容室のカラーメニューの例

■グレイカラー(白髪染め)
■ファッションカラー(おしゃれ染め)
■ヘアマニキュア
■ライトナー
■ブリーチ
草木染め(ヘナを含む)

★ファーブルのカラーメニューの例

■グレイカラー(白髪染め)
 ●ヘアカラー
 ●オーガニックカラー
 ●ハイブリッドカラー
■ファッションカラー(おしゃれ染め)
 ●オーガニックカラー
 ●ノンジアミンカラー
■ヘアマニキュア
■ブリーチ
 ●ブリーチ
 ●脱染
 ●メッシュ
草木染

以上のように詳細に分けて表示しています。
本来はもっと細かい分類があるのですが。。。
◯酸性カラー
◯中性カラー
◯アルカリカラー

ややこしいですね。。。

なぜ?
それはお客様の求めるヘアスタイル上の希望のカラーを叶えるためにそれぞれの特徴を活かし、組み合わせながら表現していかなければ出来ません。
それぞれ原価も異なり、施術方法等も異なります。

★パーマ系の種類

■パーマ&ストレート&縮毛矯正
 ●パーマ(チオグリコール酸系)
 ●クリニックパーマ(システイン系)
 ●十仁(サルファイト系)

■カール&ストレート&縮毛矯正
 ●チオグリセリン系
 ●Lシステイン系
 ●システアミン系
 ●GMT系
 ●スピエラ系
 ●チオグリコール酸系
 ●システイン系
 ●混合系

以上のようにパーマ系にも多種系統が存在しています。
それぞれ特徴が異なります。
全てメリット&デメリットが異なり、原価や施術方法も異なります。

■安いメニュー
●メリット
◯原価が安い

●デメリット
◯持ちが悪い
◯ダメージが大きい
◯頻度が多いほど蓄積ダメージがかなり大きくなる
◯ダメージが危険水域を超えると薬剤使用不可能な状態になる

■高いメニュー
●メリット
◯持ちが良い
◯艶が良い
◯シットリ感も大きい
◯質感の持ちが長期間(高額なメニューほど)
◯ダメージが軽微
◯修復力が大きい
◯スタイル変更時の負担も少ない

●デメリット
◯高額
◯不快な施術工程がある場合がある

ファーブルではいろいろメニューを家族で試して質感の持続性などを検証しています。
お客様の嗜好やこだわりに合わせて選択出来るようにしています。
なので他の美容室よりも多くの種類のメニューが存在します。

★なので、料金に違いが生まれてくるのです。

お客様からすれば、安く・早く・キレイ・傷めないカラー&パーマをしたいと思います。
美容師側も、そうしたいのは山々ですが、原価の回収&仕事に対する対価もなければ、やる気が喪失していきます。

施術される場合はくれぐれもダメージ負担を考慮されてからお選びくださいね。

コメント


認証コード3565

コメントは管理者の承認後に表示されます。