デジタルパーマやエアーウェーブとA・Iは何が違うの?

3つとも同じ形状記憶のパーマですがはっきりとした違いがございます。

デジタル

乾いた時にしっかりとしたウェーブを出すことができることが特徴

ただし、回数を重ねるごとにダメージが進んでいき、濡れている状態ではウェーブが出ないため乾くまでウェーブの有無が分かりません。

この特徴ゆえスタイリング剤の水分によりウェーブダウンするので、オイル系のスタイリングを使うことになります。

エアウェーブ

デジタルよりも施術時の温度が低いので、ダメージを軽減させています。

濡れているときにもウェーブが出るのでスタイリングしやすいでしょう。

ただし温度を低くしたため、しっかりとしたウェーブは苦手のようです。比較的に大きくゆるやかなウェーブを出すことが特徴のようです。

薬剤によるダメージは少なからずあるでしょう。

A・ I

髪のダメージを回復させながら形状記憶をさせるパーマ

最大の違いは濡れている時にも通常のパーマと同様にウェーブが出ます。

デジタルのようにくっきりとしたウェーブ、エアウェーブのような大きくゆるやかなウェーブもどちらも傷めることなく表現できる優れものです。

乾いた時にはよりはっきりとした形を出すことが出来ます。

濡れていてもウェーブが出るためスタイリング剤に制限はございません。

お客様の好きなスタイリング剤を選んで使用していただけます。

ただし当店ではA・Iメーカー指定のウェーブ剤は使用しておりません。

なぜなら私の手が荒れてしまったのと化粧品登録されたカーリング剤が改良され薬剤が医薬部外品のパーマ剤になってしまったため、地球環境&地肌&髪のダメージにつながるため使用しておりません。

代わりにパーマ&ストレートに使用している化粧品登録されたトリートメント剤にて対応しております。

質感及び持ち等はメーカー指定のものを凌駕しておりますのでお薦めです。

コメント


認証コード5525

コメントは管理者の承認後に表示されます。