HOME

カラーの違い

それぞれのカラーのメリット&デメリット

画像の説明

ヘアカラーは、もとの髪色によっても仕上がりが微妙に異なる難しいカラーリング。

オーダーするときには、写真や雑誌の切り抜きを持っていくなどして、イメージを的確に伝える工夫が大切です。

また、サロンにある毛束のサンプルからオーダーする場合、サンプル毛はナイロン製のものが多いため、仕上がりと多少違う場合があることも覚えておきましょう。
画像の説明

種類用途備考
ヘアマニキュアコーティングキューティクルにコーティング
ブリーチ脱色メラニン色素を脱色
脱染剤脱色&脱染メラニン色素を脱色と化学染料の脱染
ヘアカラー脱色&染色メラニン色素を脱色し化学染料の色素を浸透し染色 /ファーブルでは不使用
エコカラー脱色&染色メラニン色素を脱色し化学染料の色素を浸透し染色 /安全性の高い植物性原料使用
ノンジアミンカラー脱色&染色メラニン色素を脱色し化学染料の色素を浸透し染色 /ジアミン0%
ハイブリッドカラー脱色&染色メラニン色素を脱色し化学染料の色素を浸透し染色/ ジアミンを限界まで少なくしています
草木染染色100%植物性染料で染色し植物成分でトリートメント
ナチュラルハーブカラー染色ハーブ90%でトリートメント/化学染料10%で色素を浸透し染色

明度を上げるカラー

ブリーチ

  • 傷んだ髪には適しませんが、 髪を明るくする効果は抜群です。

脱染剤

  • 黒染めなどのカラー後に明るく戻す際、化学染料が残留していると 髪を明るくする事が容易ではありません。
    まずは前回までの余分な化学染料を除去することを目的としたカラーです。
    同時にブリーチも行うのでかなり明るくなります。
    ただし、かなりヘビーな薬剤なので強ダメージを与えてしまいます。

ヘアカラー

  • 脱色するため、多少のダメージは伴いますが、色のバリエーションが豊富なので、 カラーデザインを重視するならおすすめです。

ナチュラルカラー

オーガニックエコカラー

  • 環境&人&髪に負担をかけないヘアカラー
  • ヘアカラーと同じ機能をもち、植物性の原料を使用し、生分解性が高い

ノンジアミンカラー

  • 環境&人&髪に負担をかけないヘアカラー
  • ヘアカラーと同じ機能をもち、かぶれの原因のジアミンを含まない安全性の高いヘアカラーです。
    color_chart.jpg

ハイブリッドカラー

  • 発がん性環境ホルモン物質であるジアミンを限界まで少なくしたヘアカラー
  • ヘアカラーと同じ機能をもち、人&髪&環境に非常にやさしいヘアカラー

ハイブリッドカラー

「メッシュ」「ハイライト」

画像の説明

  • 髪の色(メラニン色素)を脱色し明るくするカラーリングテクニックのこと。
    サロンやヘアデザイナーによって呼び方は異なりますが、意味としてはほぼ同じものです。

一般的には、束状にくっきりと色の強弱をつけた状態を「メッシュ」、自然な立体感をもたせたるために明るいトーンの筋を入れた状態を「ハイライト」と呼んでいます。

彩度を調節するカラー

髪の毛の中のメラニン色素を脱色することはできませんが、色味を染色する事で色々な雰囲気をかもし出します。

ヘアマニキュア

  • 髪が傷みにくいのですが、明るくすることはできないので、 もとの髪色が暗い方には「ブリーチ」や「ヘアカラー」との併用がおすすめ

ナチュラルハーブカラー

  • 髪が傷みにくいのですが、明るくすることはできないので、 もとの髪色が暗い方には「ブリーチ」や「ヘアカラー」との併用がおすすめ

草木染

  • ダメージを回復させながら色落ちしにくい優しいカラーなのですが、明るくすることができないので、もとの髪色が暗い方には『ブリーチ』や『ヘアカラー』との併用がおすすめです。

白髪染めとおしゃれ染めの違い

ブリーチの強弱と染料の濃さにより明度と彩度をコントロール
*各メーカーともに9トーンを境に白髪染めとおしゃれ染めに移行


画像の説明
画像の説明
画像の説明


オーダーをする場合は、トラブルを防ぐためにも、ヘアデザイナーにしっかりとなりたいイメージを伝えましょう。

ファーブルの考えるカラーの組合せ

各カラーにより長所と短所がありそれぞれ限界があるので要注意。
組合せを多くすることによって各カラーの短所を補い合い、さまざまな色味・色調・ダメージの軽減・色持ちの向上等を良くすると考えます。
反面、施術に伴うテクニックや原材料費・所要時間がかかり、料金のご負担は大きくなりますのでご了承ください。

シングルカラー

[check]各カラーの特徴をシンプルに施術
[check]各カラーによって希望に添えない場合もあるので要注意

ダブルカラー

[check]2つのカラーで希望の色調・ダメージの軽減・色持ちの向上が期待大
アンダーカラーを変化させながら色味を付ける組合せ
エコカラー+ナチュラルハーブカラー

エコカラー+草木染
 
エコカラー+ヘアマニキュア

ノンジアミンカラーナチュラルハーブカラー

ノンジアミンカラー草木染
 
ノンジアミンカラー+ヘアマニキュア

ハイブリッドカラー+ナチュラルハーブカラー

ハイブリッドカラー+草木染
 
ハイブリッドカラー+ヘアマニキュア

アンダーカラーは変化させず色味のみ付ける組合せ

草木染+ヘアマニキュア

ハーブカラーカラー+草木染

ハーブカラー+ヘアマニキュア

トリプルカラー

[check]3つのカラーで希望の色調・ダメージの軽減・色持ちの向上が期待大
アンダーカラーを変化させながら色味を付ける組合せ

 
エコカラー+草木染+ヘアマニキュア

ノンジアミンカラー草木染+ヘアマニキュア

ハイブリッドカラー+草木染+ヘアマニキュア

アンダーカラーは変化させず色味のみ付ける組合せ

ハーブカラーカラー+草木染+ヘアマニキュア

サロンカラーとホームカラーの違い

ホームカラー

ホームカラーはサロンカラーよりも退色が早く、シリコン系の手触りやツヤをごまかす成分が多く入っています。
パーマ剤の毛髪浸透の妨げになり、強い薬剤を使用しないとかからない状況となったり、強い薬剤使用にて更なるダメージの蓄積が起こります。
サロンカラーよりもダメージがかなり強く、頻度を重ねるとハイダメージ状態となり、サロンでのパーマ等かける際に事故に繋がりかねないため、出来るだけ控えていただきたい。
パーマスタイル等をきれいにしたいのであれば特に控えてください。
事実、美容室の事故の原因となり、訴訟問題も起きてきております。

お客様の失敗カラーの例として、特に白髪染の場合、同じカラーを全体に塗布し、重なったカラー部分がどんどん真っ黒な状況になり逆グラデーションになります。
根元が暗く毛先ほど少し明るい状態が綺麗なカラーの状態なので、その逆は変な感じになるということです。
すなわち、根元のみのリタッチが全体に出来ればいいのですが、自宅では難しいのでは。。。
サロンではそのテクニックがあり、そのテクニック料金をいただいて生活していますので、是非、サロンにお任せいただきたいと考えます。

CMにだまされないで

有名な芸能人がよく起用されていますが、あの方たちはあくまでもイメージとして起用されています。
実際には芸能人にはヘアスタイリスト(美容師)が担当しているため、サロンカラーをしてます。ホームカラーを使用はしていないのが実情です。
美容師がホームカラーを勧めることはないですから。。。

安くて手軽かもしれませんが、長期的なスタイル保持の観点からみると非常に危険だと考えます。それでも良ければ自己判断にて使用してください。